スマホの料金を節約するなら【楽天回線エリアなら楽天モバイル一択】

現在俺は、スマホは楽天モバイルを2回線契約している。楽天モバイルのRakuten UN-LIMIT VIプランは従量制の料金なので、2回線契約している場合は、1回線目はネットの通信を月1GB以下に抑えれば、料金は0円で運用できます。2回線目は1GBにネット通信を抑えたとしても、料金は税込み月1,078円かかります。

俺は1回線目は完全に0円運用し、2回線目はガンガンにネットを使うといった感じにしてます。なので2回線契約していても、月々の料金は税込み3,278円で済みます。3,278円という月々の料金は、他社のWi-Fiサービス、スマホのプラン等を比べるとバカ安な料金です。条件さえ揃えば、楽天モバイルは固定費削減には最高のサービスです。

条件というのはやっぱり、住んでいる場所が楽天回線エリアなのかそうでないのかです。俺の住んでいる場所も、先月から楽天回線エリアになり、かなりの恩恵を受け、今までは他社のレンタルWi-Fiを契約していたのだが、楽天モバイルのネット通信に不満はなかったので、レンタルWi-Fiの方は今月いっぱいで解約することにしました。

楽天回線エリア内でのネット通信の状態は、1日10GBまでは高速通信ができて、その通信量を超えると速度制限がかかり、通信スピードが3Mbpsまでダウンするが、3Mbpsという速度は普通にYouTube動画は再生できるし、速度制限とかかったといっても、そこまで不便を感じない速度です。パートナー回線エリアだと、かなり不便なので、楽天モバイルだけでネットを楽しむのは無理です。

楽天モバイルは、利益度外視でサービスを提供してるので、お客さんから見たら料金的にかなり安価で抑えられます。docomo、Softbank、auとはちょっとサービススタイルが違います。楽天モバイルのように0円運用ができてしまうってのは、他社にはない。楽天モバイルからしたら、そんなの赤字にしかならない。お客さんから見たら固定費を抑えられるから良いのだが、楽天モバイルの経営が若干心配もしてしまう。

楽天回線エリアも、徐々に増えていってます。楽天回線エリアに住んでいるのならば、インターネットも電話も、楽天モバイルのRakuten UN-LIMIT VIプラン一択で良いと思う。感覚的にはネット使い放題だし、電話代もずっと無料。固定費削減には楽天モバイルは、非常に大きな存在になると思います。