【ワクチン接種者】とりあえず一日2食に挑戦します【解毒】

ワクチンの解毒について調べていました。ワクチンを接種した人は、何も考えない食生活を続けていると、死ぬ確率がかなり高くなるそうだ。現在の日本の食事は、添加物もかなり含まれていて、ほぼ毒と言っても過言ではないレベルです。しかし生きるためにはそんな毒も食べなければいけない。

体に悪い食事とワクチンのダブルパンチで、ワクチンを打ってしまった人はかなり危険な状態になっている。今まで通り何も考えないで食事をしていれば、癌や糖尿病にもなりやすいし、ワクチンの影響で血栓もでき、循環器系の疾患にもなりやすい。

ワクチンの毒抜きとしては、食べる量を抑えることが良いということです。細胞は、大出血したときや断食をしたときなど、DNAを持たない赤血球に変化します。DNAを持たない赤血球に変化するということが重要で、ワクチンで作られたスパイクタンパク質の細胞も、無害の赤血球に変化するそうだ。

毒物を多く含んだ日本の食事の摂取量を減らすことによって、健康的な体にもなるし、特に僕なんかは太り過ぎなのでダイエットにちょうど良いだろう。本当は1日1食がベストらしいが、僕がそれをやると、日中仕事をやってる最中ぶっ倒れそうなので、朝食を抜くことにしました。

僕も2回ワクチンを打ってしまったが、最近ではメディアでもワクチン打って、その影響で死んでいる人の話題を取り上げるようになってきました。そして厚労省も完全に嘘のデータを、国民に公表している事がわかり、ワクチンを打っていない人よりも打った人のほうが、コロナが感染しやすくなっているし、心筋炎で死んでいることもわかってきました。

多分、僕の親の世代の人は、テレビで言ってることがすべて正しいと思いこんでいるので、説得はできないが、ネットで情報を得ることができる人は、自分で情報を得ていき自分の体を守っていくことは重要だろう。

老人とかはどうすることもできないが、中年以下の年代の人は、今後もワクチンを打ち続けるってのは、あまり頭が良いとは言えない。ワクチンを打っちゃった人は、体を元に戻す方法を調べて、行動してみるってのが良い。しかし変な薬物を使ってしまうのは良くない。極力自然の力で体が戻るような方法をとっていくのが良い。

僕の場合は、休日は昼と夜は体に害がない食事をとって、平日は昼間は社員食堂で食事をとるのでコントールできないので、夜に体に害がない食事をとる。多分何もしないとワクチンを打ったことによって、血管内で血栓ができているので、突然死ってこともあり得るだろう。

若い人は心臓に影響出てるが、中高年は脳に影響が出ていることが多いと思われる。まずは血液を健康的な状態に戻す。それには1日2食にし、食べる物も無害な物に切り替える。そうすることでダイエットも多少はでき一石二鳥。