【貧乏】無職の貧乏と労働者の貧乏【働き方】

今日は数ヶ月ぶりに、近所のスーパーでカツ丼を買って昼に食べました。値段は税込み500円程度のものなのだが、僕から見ればかなりの贅沢な食べ物なので、なかなか買うことができなかった。今日は自分へのご褒美として、カツ丼を買って食べました。

休日の昼食は、100円くらいのレトルトカレーをご飯にかけて食ってるとか、それ以外だと納豆ご飯くらいしか食ってません。1食で500円以上もかかってしまうことは、今の僕にとってはかなりきついことです。

無職で貧乏ってのは当たり前なことで、その問題を解決するためには働けばいいだけです。しかし働いてて貧乏で、食べたいものも高価で食べられないってのは、無職で貧乏になっていることよりもマズいことだと思う。

理にかなっていない働き方をしているので、その問題は常に解決策を考えて、行動してみたり失敗したりを繰り返して、答えを見つけていかなければいけないだろう。今月もとことん節約をして、自分の財産を先月よりも強引に黒字化したが、節約だけ頑張っててもそこに成長はない。

ちょっと前に、年収200万円で豊かに暮らせることが記載されている雑誌がトレンドになっていたが、たとえ200万円で豊かに暮らせたとしても、人としてそれで収まってはいけないだろう。せいぜい300万円ないと地味な生活でも、平凡な暮らしはできません。年収200万円なんて生活保護もらっている人よりも、生活自体は苦しくなります。生活保護をもらっている人は働いていないが、年収200万円の人は働いてくたびれてその収入ではかなりマズい。

僕もどうやったら年収を上げられるのかはわかりません。今は試行錯誤しながら悩みコケながら、行動をしている最中です。おもっきり節約をしないと生活が維持できない状況は、ほんとに辛いです。休日があってもお金が使えないから何もできない。

10円単位での節約はしていかないと、僕の今の収入ではすぐに人生が詰んでしまう。おそらく世の中の殆どの非正規労働者は、僕よりもお金がなくなってると思う。僕はキチガイのような節約をしている。風呂もぶっちゃけ今年の2月から入っていない。それも節約のためです。僕は元々は風呂好きだったが、金が無いから我慢している。

無職の貧乏よりも、底辺労働者の貧乏のほうが重症です。

コメント

  1. 井ノ原 より:

    好きなものも買えない、食べれない。
    俺はこんな生活無理だわ
    なんでこんなひもじい生活なのに、そんなに太れるのか謎

  2. おっさん より:

    まーたアナウンスもなくコメント欄を開放したのか
    どうせまた閉じるんでしょ?
    マジで何十回やってんのこれ