【生き方の発見】人生のレールから外れると自分がやりたいことにたどり着く

おそらく僕は、今も正社員として働いていたら、ブログなんてやっていないだろう。ブログを始めたのは34歳の夏の始めからで、今から13年くらい前になるのかな〜・・・。長年正社員として働いてきた会社を辞め、有休消化で40日間以上暇な時間ができて、何気なくYahoo!ブログで「青空と現実」というタイトルを付けてブログを始めた。
正社員として働いていたまんまだったら、ブログというものの存在すら気が付かなかったし、そもそも僕は国語が苦手て文章スキルなんて全然ないので、まさか自分がネット上で文章を書いて、それをいろんな人に見てもらうなんて、ブログを始める前の僕からしたら、異次元の状況です。

10年以上ブログをずっとやり続けてるってことは、僕はブログは好きなんだろうね〜。最近ではブログの収益性も上がっている。クラウドソーシングでライティングをしたところで、僕の文章力では1円も稼げないが、自分でブログを立ち上げて、そこで文章を書けば、収入が毎月入ってくる。
人生のレールを脱線したことにより、ブログの存在を見つけて、そしてブログが好きになり、その好きになったことで収入を得ることができている。それって結構素敵なことだと思う。ガチガチに正社員をやっていたら、ブログを書いている時間もないし、頭の中は仕事のことでいっぱいなので、記事のネタも思いつかないだろう。

正社員のままだったら僕は、ストレスだらけの人生になっていたのかもしれない。ただ今の問題点としては、正社員ではないので、収入面で家計が厳しくなっている。それを補うのがブログを含めた副業です。ブログの収益性は1ヶ月前と比べるとかなり上がってます。ブログ以外の副業も見つけたいと思ってます。
副業でお金を稼ぐことは非常に難しいことなのだが、副業を探してやってみるという行動には楽しさがある。それはなぜかといえば、自分がやりたいことを追い求めるからだ。正社員で毎日働いてたら、自分がやりたいことを追い求めている時間も余裕もない。

僕は集団生活が苦手だし、人生のレールからも脱線してしまったが、それはそれで良かったのかなとも思う。ただし自力でお金を作る大変さは、今後も味わっていくのだろうが、その状況は、一般の会社でストレスを抱えて苦しむよりかは、全然気分的に良いし楽しかったりもする。
会社を辞めると、世の中のいろんなものが見えてきます。というか、見ていくしかない。その中に自分がやりたいなと思うことも必ず含まれている。特に今の時代は、人生のレールから脱線したほうが、面白い人生になる可能性は大きい。個人でできることを、自分で育てていくってのは、これからの日本で生きるには必須になってきます。それには自分がやりたいことを見つけなければいけない。

スポンサーリンク

コメント

  1. おっさん より:

    どうにかして現状をポジティブに捉えようと必死だけど、傍から見たら悲惨な底辺ジジイですよ
    そういや前には「派遣で色んな職種を経験するのは評価される」とか、無理にでも肯定的に捉えたことも言ってたよねw

    貴重な30-40代が派遣の単純労働で潰されてて
    何のスキルもないジジイになってる現状を直視した方が良いじゃない?
    「正社員じゃ××になる」「50代からは~」「副業でセミリタイヤ」だ何だ言って、悲惨な現実から目をそらすのを止めてさ