派遣の仕事が契約更新できました【中高年の就職口】

現在やっている派遣の仕事が契約更新されることになり、今年の12月末まで働けることになった。また12月くらいになれば、それ以降契約更新できる連絡が来ると思う。今の仕事は病人が増えれば需要が増える仕事なので、しばらくは雇い止めはないだろう。コロナの影響で確実に病人は増えます。

中高年は今雇用されている場所があるならば、絶対に自分から退職はしちゃいけない。ま〜、体にトラブルが起こってしまった場合は仕方がないが、給料が低いとか仕事がきついとかの理由だけで、自分から仕事を辞めてはいけない。

俺も40代になってからも、滅茶苦茶転職を繰り返し、就活もいっぱいやってるが、40代になってからは年齢的に面接の時も嫌な顔されることが非常に多い。希望を持って転職が可能なのは20代までです。30代以降は転職回数が増えるたびに、悪条件な仕事しか選べなくなってます。

俺も今は激しい体の痛みに耐えながら、毎日出勤してます。腰痛も含め、体中が痛くて普通に歩けなくなってるし、手なんか慢性的な腱鞘炎で指の関節がおかしくなってます。俺的には、体がぶっ壊れるまで働くつもりではいる。今の仕事辞めても他に就職口なんて一つもありません。

仕事で苦しんでるよりも、無職で精神的に追い詰められている方が、よっぽど辛いです。社会のどの部分にも所属せずに、見込みのない就職活動を毎日し、しかもタダで就活はできない。交通費もかなりかかります。無職の苦しみは思う存分俺も味わった。

なので俺は、底辺肉体派遣労働でもしがみついてやってます。今の仕事は自分から辞めるつもりはありません。強いて言えば、体を壊して体が動かなくなったら辞めるしかないだろうが・・・。

今日も鉄板状のパーツを一日中扱った組立作業をしてたが、鉄板状のパーツはマジで重い。あり得ない重さの鉄板を持ち上げて、それを組み付けていきます。腰痛にむち打ちながら業務をこなしてます。それでも無職のほうがきついですよ。