市役所での手続きをミスってしまった【急の遅刻による職場への迷惑とクビ対策に副業】

昨日は引っ越し関係の手続きで、市役所に行って手続きをしてきました。市役所の手続きと、引っ越しの準備で昨日は有給を取りました。しかし市役所での手続きでミスをしてしまい、転出転入手続きの転入の方の新住所を間違えてしまった。

転出転入の手続き直後に、警察署で免許の住所を変えるために、住民票も作ったのだが、警察署でも新住所の間違いには気づかなかった、新住所の間違いに気付いたのは夜になってからで、そのときは時間的にどうすることもできなくて、また月曜日に急遽市役所と警察署にいかなくてはいけなくなりました。

なので派遣の仕事は月曜日に急遽遅刻しなければならなくなった。昨日の金曜日は、今週の月曜日に届出出して有給を使ったが、月曜日は突発的に遅刻するので職場には結構迷惑をかけるだろう。派遣会社の担当にはそのことは説明したが、派遣先には月曜日の朝に、事情を説明し連絡を入れなければいけない。

派遣社員というのは、会社に正社員ほど守られていないので、あまり突発的に休んだり、職場にいるべき時間にいなかったりすると、クビという文字がちらほら見えてくるわけです。派遣社員は人として見られることは少なく、物と見られその物が使い物にならなければ、派遣先も派遣社員の交換を求めてくる。

俺も今の仕事は去年の10月から働いており、すでに昨日を含め4回仕事を休んでいる。昨日の休み以外は腰痛で動けなくなって休んでしまった。腰痛の方も結構激しくて、ギリギリの線で毎日出勤しているが、またいつ動けなくなるかわかりません。

すでに10ヶ月で4回も休んでしまっているので、腰痛で動けなくなる可能性もあるので、あまり休みは取りたくはありません。休みすぎて契約が更新できなくなる可能性も高い。そもそも俺は職場でもあまり良くは思はれてはいません。職場でもぼっちです。

せっかく一人暮らしをスタートさせるのに、また失業になってしまったら、えらいこっちゃですよ。派遣社員はあっさりとクビが吹っ飛びます。ちょっと仕事量が減れば、自分がやる気があってもクビになる。常にいつクビ来られるかわからない状況で、派遣社員として働いています。

そういった働き方をするのであれば、やはり副業を育てるしかない。クビになっても収入は途切れないようにするために、非正規労働者は副業は必須。派遣の仕事が不安定すぎて、それだけに集中してしまうと、精神的にもあまり良くない。金銭的な安定を得るには副業をやるしかない。