【自分の生き方】仕事責任増やし時給アップよりも自分のやりたことをする時間を選ぶ

今日仕事の帰りがけに、派遣先の社員から話があった。現場の正社員が度々他の仕事で抜けるみたいで、その穴埋めをするために派遣社員がそのポジションに入るのだが、そのポジションをやるには資格を取ることが必要で、派遣社員全員に資格を取ることを勧めているらしい。

資格と言っても、おそらくその派遣先でしか通用しない資格だし、将来ずっとその職場で働かない派遣社員にとっては、あまりプラスにはならない。資格を取得することによって、時給も上がるし、仕事が減ったときも派遣切りされにくくなるらしい。

僕が考えるに資格をとったところで、面倒な仕事が増えそうだし、責任も増えてくるので、今の仕事は割り切ってしている僕には、あまり美味しい話ではないので資格の試験を受けることは断りました。

今の仕事は体もキツいし、集団でやる仕事なのでストレスも溜まるので、あまり前向きな気持で仕事を続けるぞという気持ちもありません。仕事が減って派遣切りになったら、それはそれで良いと思う。

派遣社員という雇用形態は好きではないし、今の仕事も苦痛に感じている部分も多いので、ずっとやっていきたい仕事でもない。最長でも3年目になる来年の9月か10月までが限界です。それ以上は仕事は続ける気がない。

派遣先の社員は長く続けられるような事は言っていたが、それは派遣会社経由しないと、契約期間には定めはあるので、3者がやり取りをしなければいけないとは思う。職場が変わるのであれば、3年目以降もその会社で働けるのだが、同じ職場だと3年で契約は終わるとは思うんだけどね〜。

資格をとって時給がアップしたところで、余計な仕事と責任が増えて、残業も全くやらないってのは貫き通せなくなってしまうだろう。僕は正社員じゃないので、決まった仕事を決まった時間までやって、それ以降はさっさと帰る。それが良いと思う。

僕は今の働き方はあまり長くは続けたくはない。数年経てば、メンバーシップ型雇用からジョブ型雇用にかなり移り変わっているだろう。正社員は会社にどっぷりと浸ってれば、その変化を気にしなくても済むが、非正規労働者はその変化の準備をしていないと、ガチで仕事を見つけられなくなります。

派遣社員は自分の時間を確保して、自分の得意なことの能力を伸ばしていったほうが良いだろう。

コメント

  1. 牛村 より:

    派遣社員を10年以上やって、何か能力つきましたかww

  2. 50代おじさん より:

    50代の派遣社員に未来がないのは事実なので次を考えるのは重要ですね。バイト、パートをしようにも、良いバイトは主婦パート、若者に取られて中高年にはきつい仕事しかない。
    物価は上がるが、派遣会社が労働市場を牛耳っている限り給料は上がらないでしょう。転職は雇ってくれる会社がないし、起業も難しい。