【派遣の仕事の契約更新】また3月末まで今の仕事は延長です

派遣の仕事は契約更新することになり、来年の3月末まで働き続けることになった。腰痛の方がどんどん悪化しているが、来年の3月まで続けられるのかはもうわからん。ずっと軽いぎっくり腰的な痛みを抱えている。そろそろ医者に行かないと厳しいかないとも思う。

神の腰を持つ男として、若い頃は結構腰には自信があったのにな〜。老化には勝てません。倉庫業務でも、30kg以上の荷物も持ち上げたりしていたが、今はそんなことができるのか疑問だな〜。

45歳辺りから急激に老化が進行してますね。おっさんになると、周囲からもちやほやされなくなるので、なんか寂しいなと思う。寂しいと言っても、人と接点がなくなって寂しいというのではなく、そういう状況がなくなっている、僕という人間に対して寂しさを感じる。

30代前半くらいは、周囲から格好いいとは言われないが、可愛いと言われることが多くて、パートのおばちゃんらと、笑いながら会話をしてました。当時のそんなおばちゃんらの年齢を、今の僕は迎えているか迎えようとしている。

最後に女性と会話をしたのは、42歳くらいだと思う。契約社員を2年くらいやってて、その職場に20代の姉妹がいて、僕のこと面白がって話しかけてきた。僕もその頃はまだ周囲とコミュニケーションは取っていた。ちなみにその姉妹のことも、過去にブログに記事にしていた。その姉妹は2人とも耳が大きいので、ブログ上ではお耳姉妹と僕は命名していた。二人とも妖精みたいな耳をしていた。二人ともかなりの美人でした。

なんで今は常に一人でいるかといえば、やっぱり人生が追い詰められてるのもあるし、人との関わりがつまらなくなってしまったってのもある。派遣社員という働き方なんて、どんなに努力をしたところで評価はないし、コミュ障の僕が無理にコミュニケーションを取ろうとしたところで、無駄なエネルギーを使うだけだ。

2年間の契約社員のときは、お耳姉妹やもう1つのブログでも書いてるのだが、ポチャカワ美人もいました。あと爆弾おにぎり娘もいたな。その人は、昼飯にありえないくらいデカい自家製のおにぎりを持ってきて、よく食べてました。その人ともよく喋った。他にも女の人と喋ってました。

給料は時給950円で、究極に安かったのだが、自分のスキルを生かせる仕事が多かった。僕は過去に人に仕事を教えることも多くやっていたので、教育係をやらされて、新しい人が入社したら仕事を教えてました。

給料は安かったのだが、仕事面でちょっとだけ充実してました。こういうのって派遣社員では体験できない。34歳までは30人近くいる部署を受け持っていたが、そのときは結構メンタルに堪えたが、42歳までの契約社員のちょっとだけ仕事を任されるってのは、いい感じに心が前向きになります。

派遣社員という働き方は、ホントにロボットみたいな扱いで、その影響もあって心が後ろ向きになり、常に孤立するようになった。この働き方をいつまで続けるんだろうか〜・・・?