【投資信託】戦争のときは米国株式を買ったほうが良い

現在僕はつみたてNISAで、eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)に積立投資をしているが、戦争が起こってるときこそ米国株式に投資をしたほうが僕は良いと思う。米国も僕の視線から見れば、完全に戦争もビジネスとして見ているだろうと感じる。

要は戦争が起こってくれないと、武器を製造しても利益が出ない。世界大戦が始まれば、今のアメリカはガッポガポに儲かります。最近のアメリカは、戦争に加勢はしないが、間接的に武器の提供をするスタイルを取っている。日本もいいカモにされています。

アメリカとしては、日本と中国は仲良くなっては困ると思っている。そしてこの2国を戦わせたいと、今動いています。最近岸田さんも中国に対して、攻撃的な発言もしているが、それもアメリカに言わされてることです。

仮に中国と日本が戦争になったら、アメリカは一緒になって戦ってくれるかといえば、今のアメリカはそれはない。おそらく日本に武器を売りつけてくるだけで、一緒になって戦ってはくれないだろう。

アメリカの考えは、日本が中国を叩いてほしいということと、武器を売りつけて儲けることです。所詮日本はアメリカの金儲けの道具に過ぎない。もともと戦後からそんな感じだったのかもしれないが、日本人が頭が悪いので、良いように利用できてたって話です。

アメリカは戦争をビジネスとしてすでに利用している。今世界は荒れているので、アメリカにとってはラッキーな状況です。上の画像見ても米国株式は+16.72%のリターンが出ている。米国株式は、世界大戦中に投資するのがオススメです。