【年収200万円の人生】ホームレスすれすれの日々

最近の僕の普段着は、擦り切れて穴が空いてたり、色があせて黄ばんでたり、そんな服やズボンを当たり前のように着用している。服を買う余裕もないので、ごまかしごまかしそういった服を着ているうちに、それが当たり前になっている。

店とかそんな服装で出かけると、僕の身なりもだんだんとホームレスに近づいているなと感じます。年収200万円台だと、このレベルの生活になります。巷では年収300万円が低収入と言われているが、僕から見れば年収300万円も稼げればすごいと思うレベルです。

僕は貧乏の中の貧乏に位置している。年収300万円も稼いでいて、金が無いとほざいている奴は、僕から見たらまだまだあまい。僕は朝は食パン2枚を食べるのだか、最近は6枚切りから8枚切りにして、食費を浮かせるようにした。6枚切りだと3食分、8枚切りだと4食分になる。

年収200万円台の人間は、このレベルの節約をしないと、家計が維持できないというか、節約しても維持ができない。今月も僕の財産が赤字になっていないのは、投資のおかげで投資をしていなかったら赤字になっている。すぐに使える現金の額は、先月よりも少ないです。

今の僕の状況は、ホームレス一歩手前まで来ていると思う。それがわかっているので、ボロボロの服を着てても、平然としていられるのだろう。自分の置かれている状況はしっかりと理解している。

怖いのは、僕の同じレベルの人間が世の中いっぱいいて、その現状に気づいていない人が殆であることです。日本は今後どんどん貧乏人が生きていけない時代になる。裕福層に見えても、実は貯金が全然ない隠れ貧乏人も、日本にはいっぱいいる。ローンに追われている人も多いだろう。

僕もローンは一つあるかな〜・・・? 楽天モバイルでスマホをローンで買ったが、34,300円を48回ローンで買いましたw 僕はそれしかローンはしてないし、借金もありません。ホームレスみたいな人生になっても、余計は出費は抑えていかないと、今の僕の給料では生きていけない。

今の僕は安いアパートに住んでいる、ホームレスすれすれのおじさんになっている。ホームレスすれすれと自覚していることが大事です。それを自覚していないと、欲しい物をどんどん買ってしまう。穴が空いている服も着れなくなる。自分はホームレスなんだと思ってれば、どんなに汚い格好でも外を歩けます。周囲からは危険人物と見られる可能性は高いが、何もしてないのに通報されることはないだろう。