底辺の人間は成長を求めてはいけないの?【中高年は副業で成長】

底辺の中年男は、自分自身の成長や今よりもお金を稼ごうとすると、ものすごく批判しくる人が結構多いです。お前は警備や掃除の仕事をやってろとか、40代後半なのにあと10年ちょっとで60歳になるのに、成長なんて無理と言われたりします。

しかし、それは雇用されて働く場合に限っては、年齢制限はあるかもしれないが、個人でお金を稼ごうとする場合、年齢は関係ないでしょう。実際に俺は今月に3万円程のネット収益を得ることができたが、とくに年齢やスキルは関係ない状態で収益を得ることができました。

底辺人間は底辺人間のままでいろというか、底辺人間が底辺らしくないことをしていると、気持ちが抑えられなくなる人も結構多いのだろう。会社に雇用されず、自分の力で1円も稼げない人間の妬みにしか過ぎないのかもしれません。

俺は正社員という働き方から、かなり距離がひらいてしまって、ぎりぎり今派遣社員として働き口を見つけて働いているが、この働き方もあと何年できるかわかりません。自分自身の体力面のこともあるし、それよりも企業が自分を採用してくれない。どこの会社も50代のスキル無しのおっさんなんぞ雇わんだろう。

そういった状況が46歳の今の時点で予想できているので、副収入を得るために常日頃から本を読んだり、試行錯誤しながらネット上に仕組みを作ったりして、収益をちょっとずつ増やしていっている。批判してくる人間というのは、そういう知識もないし、知識がないゆえに批判して攻撃するしか能がない。

将来に不安を感じる中高年は、誰になんと言われようが今のうちから副収入を作っておいたほうが絶対に良いです。というか、絶対に副収入を作れ!!といった感じだろう。馬鹿でもお金になる副業は、やっぱりブログやYou Tubeです。

俺は人前で顔を出して喋るのが苦手なので、You Tubeではなくブログをやっている。今非正規労働者や無職になっている中年は、速攻ブログやYou Tubeをやりましょう!変な奴ほど金になります。逆に頭が良さげで真面目な人は金にならない。