最近投資の調子がよくありません【長期投資による資産運用】

ここしばらく、投資の方もあまり調子良くありません。元本を下回ることはないのだが、評価損益が下がり気味の日々が続いている。過去に評価損益も+50,000円以上になっていた時期もあったんだけどね〜。

楽天銀行から楽天証券に預り金として10,000円が自動的に移動しているが、この10,000円は楽ラップの方に流れるお金です。長期投資においては、こういう値が下がってる時期も、見方によってはチャンスになるんだろう。値が下がっているときに投資して、値が戻ったときに値が下がっていた時期との差額が利益となる。

長期投資はドルコスト平均法という法則があって、値が上がったり下がったりすることもあるが、定期的に投資することでちょっとずつ資産が右肩上がりになります。値が下がったときに投資すれば、後で利益が増えるかもしれないし、逆に値が上がってるときに投資してしまって、後で値が下がれば損失が増える。

長期投資において、細かい値動きは気にしなくて良いのかなと思う。実際のところ値が上がったから、または値が下がったからってのが、あまり関係ないことで考えるだけ無駄なことなのかもしれません。

投資信託や楽ラップのような長期投資は、将来のために状況がどうであれ続けるべきだろう。ハイリスクハイリターンの短期投資はやらないほうが良い。毎月の43,333円の積立投資は極力老後まで続けていきたい。