守りの投資に切り替えました【40代以降はローリスクローリターン】

俺は今まで人気の投資信託を信用し、そこに集中的にお金を投資してきました。しかしそれは結構危険ではないかと、最近感じ始め、守りの投資に徐々に切り替えています。俺も今日で47歳になったのだが、若ければ攻撃的な投資をして失敗しても、まだ取り返す時間があるが、流石に50歳近くになるとそれは厳しい。

投資信託でも大人気のS&P500も、過去を見ればかなり調子の悪い時期もありました。その調子の悪い時期が、俺が投資して時期と重なることがあると、結構泣くに泣けない状況になるだろう。俺が60歳過ぎた頃、元本割れが続く状況になってしまったら、精神面でかなり辛い。

現在投資している投資信託に関しては、株式の投資は少し減らして、債権などを増やしました。ローリスクローリターンの手堅い投資に切り替えていきます。ロボアドの楽ラップも、リスクを抑えたコースに変更しようと思ってます。

ネットで色々調べていると、20代30代の人がやる投資と、40代以降がやる投資はやっぱり違います。若い人はまだ残された時間が多いので、投資で失敗しても取り返しが付きます。残された時間の少ない中高年は、若者と同じ投資をして失敗しても、それを取り返す時間が少なすぎます。

取り返すことができない状況で70歳になんてなったら、かなりやばい状況になります。特に今の時代は浮き沈みが激しい世の中で、投資先が沈没しなかなか浮き上がってこない状態が長引くってこともあるかもしれない。

人気の株式が詰まった投資信託だけに集中投資するのは、今の俺の状況からすると結構危険です。なのでリターンは少ないがリスクも少ない債券等を含んだ投資信託にも投資したほうが良い。リターンの大きな投資信託を選んで、欲に目が眩んだゆえに地獄を見る可能性も、今後の荒れた世の中では起こり得るだろう。